FC2ブログ


加害者らしい会見だね! ~術後 左1257日目 右1408日目~

Category: 邪花のつぶやき  

日大アメフト部の監督の会見。

被害者の父親の会見。

第一印象。

日大監督は加害者らしい会見だなって感じに受けた。

全く悪いとは思っていない。

反省のみえない開き直りともみえる言動。

まるで、他人事のような。

加害者になる人物って、この監督に限らずたいていこんな感じ。

とりあえず『すいません』っていっとけばいいかみたいな。

そして、あとの真実は隠蔽にかかる。

まさに、私が争ってるチューリッヒやその加害者もこれと全く同じ!

被害者の父親が監督の会見にきちんとした回答がなかったことに納得がいかないから許せないという気持ちがわかる。

正直、チューリッヒのたてている弁護士の文書読んでも、それはそれは納得させられるような内容ではなく、かなり漠然とした理由での否定内容。

じゃあ、それが法的にどうなのか?

私は日大アメフト事件においても被害者は納得できず泣くことになるだろうなと想像する。

最終的には私とは違いマスコミが騒いでるだけ追い風になることはあるだろうけど。

法に関わるあの天秤のマーク。

法は決して平等ではない。

加害者を守るためにあるようなもの。

『加害者にも権利がある』という部分を重視しすぎている現実。

被害者はどんな場合も、ただ、ただ泣き寝入りするしかない。

被害者は当時の被害だけでなく、あとあとの加害者の対応で更に二次的被害にあい泣くしかないのだ。

それを、法は見方もしてくれなければ守ってもくれない。

それが現実。

加害者の言い訳っていつ聞いても見苦しい。

加害者はよく『過去のことは忘れて』とか『新たにでなおしたい』とか簡単に忘れさり呑気に暮らそうとするが、被害者にとってはいつまでも一生忘れられないものだ。

人を傷つけ、騙し、おとしめて、自分だけ出直すとかやり直すとか絶対にできるものではないと言いたい!


[股関節唇損傷] ブログ村キーワード




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

関連記事

 2018_05_19


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


11  « 2018_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

邪花

Author:邪花
リッチに生きるのが好きな貧乏娘です。
一度の人生、ついつい若いふりして生きてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンク




.