今日は今週2回目のリハビリの日。

邪花の秘密?のリハビリと部屋を大公開します。

邪花のリハビリは大抵がお昼からの1時間。

なんでかと言えば、理由は朝が苦手…。

ではなく、朝の身体の強ばりがひどくて動けないっていうのが正解!

そのために、やさしい理学療法士のYらっち先生のはからいで午後イチから。

ある意味、苦手っていうのも大きな間違いではないですね。

まず、目が覚めたら邪花は準備体操ならぬ、起き上がるための全身ストレッチから始めます。

足や肩、腰など全身。

四つん這いで起き上がったら、まずはニューヨーク直行便で入浴タイムへ♪

贅沢? のん気? 違いますよ~♪

う・ご・け・な・いんです! マジで!

もちろん目的は、全身を温めてさらに身体を湯槽でほぐし柔らかくすること。

そう『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のハーマイオニーではありませんが、邪花も石みたいにガチガチなんです。

はずかしながら…。

そして、モーニングタイム。

米粒は好きではないので基本『ぱん♪』

ポリジュースならぬ豆乳を飲んでメイクして化けます。

そんなこんなしてると、十分に覚醒から3時間くらいは経ちますよね。

そして、いざ!リハビリのためWリハビリ病院へ出陣!

リハビリの前には必ず血圧測定と医師の診察があります。

もちろん、お決まりのセリフで。

それに、OKがでたらリハビリにGO!

まぁ~OKがでないことは、滅多に…イヤ、ほとんどゼロです。

そして、リハビリ室に向かおうと邪花が歩きだすと、すでに正面に理学療法士Yらっち先生が立っていて、歩行状態の確認中。

彼の中ではリハビリは始まってるんです。

Yらっち先生のところまでたどり着くと、ついに秘密のリハビリ室への扉が開きます。

皆とは違う別の場所…。

そう…それは…

超音波をするための物療室♪♪♪

ちなみに、先々週までは左のあんよだけだったんですけど、先週からは両あんよとも超音波をしてくれてます。

そう…時間にして10~15分くらいかな。

W病院では準備だけは理学療法士の先生がしてくれて、後は自分でやっていましたが、Yリハビリ病院ではYらっち先生がやってくれます。

ソケイ部なので、かなりキワドイ部分の治療ではありますが彼はやります。

この時間は基本的に、あんよの痛みが増す治療ではないので、時にはホットパックしながら、2人で仕事や邪花のあんよの将来の話をしながら過ごします。

超音波が終わったら、皆と同じリハビリ室に合流。

しかし、リハビリ室内のベッドは空いているわけなく…。

じゃ、どこでリハビリするかと言えば、リハビリ室と廊下の際に置いてある細長く狭いベッド。

そこで、Yらっち先生、全身をほぐしていきます。

約、30分前後かな。

大腿部とか背中とかの筋肉を揉むと言うより、表現的には『剥がす』と言った方がいいでしょうか。

背中は首筋からお尻の穴付近まで全面剥ぎです。

メチャクチャ痛いです。

超音波の時みたいに笑って話なんかできません。

ただ、オオカミみたいにうなるしかありません。

『Wooooo…』

もちろん、邪花の手はグーができていて、徐々に上がっていって降り下ろしたところでYらっち先生はスッとヨケル。

『ココ。痛いでしょ?基本的筋肉の使い方がヘタなんですよ!だけど叩かれても止めませんけどね。』って。

ウソみたいなホントの話。

ちなみに、邪花のグーパンチもパーの平手も命中したことはありません。

『あんよが治ったら、まわし蹴りしてやる!』と密かに思いながら耐えてます。

ある程度、皮が剥げたら…ちゃう ちゃう。

筋肉がほ・ぐ・れ・た・ら、あんよを曲げていきます。

足首はうつぶせで、Yらっち先生の胸にあててグイ~っと曲げていきます。

そして股関節は、うつぶせと仰向けでじわ~っと曲げていきます。

コレも、屈曲がかかるとソケイ部が激痛に襲われます。

足首はぼちぼちYらっち先生の胸があったかいので、あんよの冷たい邪花には湯タンポがわりでOK!

次に、ベッドサイドに座り骨盤を使って背中を丸める訓練やストレッチポールを使ってスクワットしたり、トレーニングボールで股関節運動をしていきます。

これは、だいたい15分くらいかなぁ~。

背中を丸める訓練では、Yらっち先生が後ろに座り『ゴースト』の姿勢でやります。

ちなみに、邪花の場合は恥ずかしながらゴーストのようにロマンチックでソフトな感じではありません。

要するに、Yらっち先生が全身使ってアチコチ抑えこまないと関係のない部分まで動きだして上手く丸まらないということ。

そして、Yらっち先生の両手までも邪花のお尻の餌食になります…。

ごめんなさい…。

そして、そして、スクワット!

また、これがストレッチポールを使っても驚くほどにできない…。

またまた、Yらっち先生のお膝は邪花のお尻の『膝枕』となり…。

またまた、ごめんなさい…。

トレーニングボールの股関節運動。

これは!得意!と言いたいですがヘタなのか、股関節が悪くてできないのか、わかりませんが『勘弁してくださいな…』のレベルです。

あんよでボールをクルクル回したり、弾ませるような感じでトントンするだけなんですが、ボールから嫌われるっていうか逃げられるんですよね…。

クルクル回すのに限っては、Yらっち先生、ほとんどボール拾い係。

弾ませる感じでトントンする頃には、さすがにYらっち先生、ボールの押さえ込み作戦にでます。

時には邪花の足首とボールの両方を押さえ込む…。

頂けない…。

ちなみにコレ、後半はソケイ部がかなりツライんです。

『サッカー選手になる訳じゃないんだけど…』とブツブツ言いながらやってます。

そして、リハビリの〆は独歩での歩行練習。

これは、リハビリ室を3周程度。

その3周ですら完璧にできなくて、あんよが沈み込むんですよね。

ちなみに、今は左の靴には1枚余計に中敷きを敷いて様子をみてます。

なぜか…。

それは、股関節の動きが悪く脚長差とまでは言いませんが、姿勢を補助するためにやってます。

結果、ホトホト歩きやすいです。

波瀾万丈、邪花のあんよのリハビリはまだまだ続きますね。

[股関節唇損傷] ブログ村キーワード




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_31



最近、日に日に痛みが上昇中!

あんよを動かすと、もちろん『鋭い生々しい痛み』があるんですが、動かさなくても痛みってあるんですよね。

違和感が強くなったような…。

ひどい日には、1日中動けない程に嫌な痛み。

よく、先生や理学療法士から『どんな感じの痛み?』って聞かれるけど、今までは『何とも言いようのないような違和感が強くなったような痛み…』とか『鈍い感じかなぁ~』とか言ってました。

今、東MAXがテレビで『ステーキ』を食べてる番組を見てて邪花はふと思いました。

『あっ! この痛みって、"じゅ~しぃ~"な痛みだよね?』って。

じんわりと染みでるような痛み。

邪花のあんよは『A5ランク』か?

ちなみに、9月に退院した時に邪花パパが『何が食べたい?』と言うので、すかさず『お肉♪』と言って退院祝にいつもの焼肉屋さんへGO。

この日は『オープン記念コース』と言うことで1人4500円のコースを注文。

お肉は『鹿児島牛のA5ランク』のお肉がメイン♪

メチャクチャ美味しい~♪♪♪

まさに、お口の中で溶けるじゅ~しぃ~さ♪♪

そんA5ランクのお肉と同じ、邪花のA5ランクのあんよは本日ご機嫌ナナメで歩けませんでした。

どのくらいかと言えば、トイレ以外は動きたくないレベル。

となると邪花は退屈でたまんない…。

前髪も伸びたことだし…。

ん~…。

考えた結果『ちょんまげ♪』

と言うことで本日の邪花は『ちょんまげスタイル!』になってみました♪

皆さんに邪花の一部を御披露目♪




皆さん、笑ってくれましたか?

身も心もしんどい時は笑わなきゃね!

ダメになっちゃう…。

バカ言ってバカやることも大切なんですよ?

邪花のじゅ~しぃ~なあんよとじゅ~しぃ~な頭の中身に乾杯!




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村


 2014_10_30



『いたしません!』

私じゃなくてもできること!

どーして医者ってこーなのかなぁ~。

今日は超音波しながら2人ブツブツと…。

本日の合い言葉…『わけわからん!』

まぁ、そのT医師は理事なので深く話せませんが、まさに坊っちゃん。

まぁ~雇われの身としては、坊っちゃんが白を黒と言えば『黒です!』といわなきゃいけないんです。

影では『んな訳ないっしょ!』って言うのが雇われ。

まぁ~『ハァ?』が多すぎるって訳ですよ。

『なんでこんなことに頭を使って悩まないといけないんかなぁ~』と2人。

カテゴリで言えば、そう!『ご機嫌とり!』

ご機嫌そこねないように、下から下からでる。

それは何故か… 。

そう… ママ…。

ママがでっぱってくるんです!

『ママ!』

このT医師は、気に入らないとママにチクリ癖がある。

そういうことで、今の嫁は2代目。

原因は皆さんのお考えのとおりの『嫁姑』

まぁ~そんな、頂けないT医師に再びキレちゃった邪花の心。

ご想像はつくと思いますが1度は『やめてやるっ!』ということで…。

その時は、理事長から『せめて起動にのるまで…』と言われ新病院に移り現在に至るわけで…。

まぁ、これは予断。

けれど…。

『もーいたしません!あなたのご機嫌とり!』

と言うことで邪花は爆発だ!




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_30



むかぁ~し、むかし。

100年前の8月8日に邪花の婆ちゃんは生まれました。

ちなみに、婆ちゃんは邪花ママのママ。

邪花が小さくて婆ちゃんも元気だった頃は、邪花と邪花パパ、邪花ママ、爺ちゃん、婆ちゃんでよくドライブや旅行にも行きました。

そんな、婆ちゃんが数年前S病院のデイサービスから帰ってくるなり、車から降りるのもやっとで倒れました。

すぐに、デイサービスをしているS病院は救急病院なので救急車で連れていきました。

しかし翌日、回復もしてないのに連れて帰るように言われ、遠かったけどその足で邪花の職場の病院も救急病院なので、入院受け入れをしてもらいました。

2~3日もしたら婆ちゃんも元気になりましたが、なんせ当時でも90歳を越えているのには変わりなく、まだまだベッド上の生活。

そんな婆ちゃんが、暇潰しに始めたこと…。

なんと婆ちゃん、リネンの縫い目をほどきはじめちゃったんです!

まぁ、年寄りのすること、環境の変化で認知が多少でても仕方がない。

そこで、邪花が『トトロのぬいぐるみ』をプレゼントしたんです。

チョット大きめのりんご位のトトロ。

そして、遊ぶかと思いきやふところに入れ暖め育てるよいに…。

イヤなこととかあるとトトロを叩いたりしてストレス解消はしてたみたい。

だけどその度に、服の中でトトロがあっちいったりこっちいったりして、またふところに戻ると『どげん叩いたっちゃ、ほったらかしとくと、ちゃーんと戻ってきとるもん…』とそれなりに愛情。

『婆ちゃん、これは何?』

『ブタじゃろ。』

『ちがうよ。ト・ト・ロ』

そんな会話も幾度となくあり…。

最後の最後まで名前を覚えませんでしたね。

しかし、そんなトトロが洗濯物に混ざってなくなってしまった時は大騒ぎ!

邪花のおじさんやおばさんが、変わりにクマやらなんやら変わりのぬいぐるみを持ってきましたが見向きもせず…。

半分あきらめて、新しいトトロを買って行こうかとしてた矢先になんとトトロがでてきたんです。

そんなこんなで、ついにトトロは貴重品として申請されることに。

何気ないものでも、年寄りにとっては大切なものってあるんですよね。

変わりの効かないもの。

きっと、邪花の婆ちゃんとトトロはこれから先ずっと一緒にいるんでしょうね。




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_29



ある朝、起きたら突然、右足に激痛。

よくテレビで健康番組出演されるH先生のご主人がされているH病院で『腰が悪いから足にきている…』診断名は『腰椎ヘルニア』そんな診断を受け1ヶ月の入院生活。

結局、退院する時は全身痛となりコルセット3枚巻いての退院。

当時は入院までして『治ってません。』なんて言えず、辛いながらもコルセット3枚巻いての仕事復帰。

さすがに身体が持つわけなく…。

職場で外来リハを受けることに。

もちろん、経緯から『腰椎ヘルニア』として…。

そんな中で最初に担当してくれたのが、現在も担当してくれてる『Yらっち』

Yらっちが同法人のYリハビリ病院に移動することになり、その後を継いでくれたのが『せかいのどこかで会いましたよね?』のブログを書いている『Kーた』

そして、彼がせかいに羽ばたき後を継いだのが『薪ストーブのある暮らしとキャンプ三昧のファミリー日記』のブログを書いている『H課長』

そして、そして、その後任が『 I ちゃん』です。

邪花の身体はあんよをかばって、皆がビックリする程ガチガチになってしまってた。

そんなガチガチの身体をほぐしては、仕事でまたガチガチに…。

次第に右のあんよは引っ掛かって伸ばせなくなり断裂。

けれど、実際の症状が症状だけに、ここにあげた理学療法士達は、腰にこだわらず全身のメンテナンスをしてくれました。

ガチガチの身体を全力で揉み上げほぐしてくれて、トレーニングしてくれました。

ことに I ちゃんは、術前までの長い期間を見てくれましたが、この頃の邪花は身体もあんよも手のつけようがなくなっていましたね。

そんな邪花が夜勤明けでリハビリ室のベッドに倒れ込むように来ると、I ちゃんは細い身体でゴリゴリと力一杯揉みほぐしてくれました。

邪花もあまりの痛みに涙することも多々あり…。

でも、そのうちに痛みが気持ちよさに変わり、疲れも加勢していつの間にか眠りに落ちる…。

そんな、リハビリが何年続いたでしょう。

I ちゃんからはよく左肩を揉む時に『ココ!魔物が住んでますよ!コレ!なんなんですか?』とよく言われました。

それぐらいの固さ。

そして今も今までも、この4人の理学療法士は邪花のために色んな形で邪花のあんよのために模索して応援してくれてます。

もちろん、他にもたくさんの理学療法士が協力してくれてます。

I ちゃんはYリハビリ病院に入院中も仕事が終わるのが遅くて疲れている中を、お花を持ってお見舞いに来てくれて、Yらっちから情報を得てたくさんのアドバイスをしてくれました。

今でも、よくメールで励ましたり相談にのってくれます。

女は女同士ってこともたくさんありますからね。

先日、 左のあんよの手術宣告を受けたことを職場に報告に行った時、リハビリ室によってH課長と Iちゃんに会ってきました。

他のスタッフと一緒に変わらない笑顔で迎えてくれて。

それでいて二人とも、邪花のあんよをとても心配してくれて、過去のレントゲンなんかの画像をみながら歩き方のチェックやトレーニングアドバイスもしてくれました。

ありがたい…。

こんなことは、やっぱり職場の友だからやってくれるんですよね。

邪花は恵まれていますよね。




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_29



股関節の手術も今では鏡視下による手術が増えてきました。

ただ、まだまだ鏡視下手術をすることができる先生は少ないのが現状で手術を受けることができる病院が限られています。

そういうこともあり、人工関節に置換さる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、邪花のあんよが悪いのを見つけてくれたH大学病院のK先生も『手術するとしたら自骨と人工関節とあるんだけど、まだ歳が若いから人工関節って感じじゃないよね。もし、人工関節をするにしても1回目を今しないと、年齢的に後1回目は手術しないといけないからね。とにかく、自骨にしても人工関節にしても大学病院とか大きい所じゃないとできないし…。もし、手術するなら早くしないとね。』と人工関節を薦めるような説明を受けました。

そういうこともあった中、K先生は人工関節をするには年齢的に早いと言うことから邪花にリハビリで様子を見ていることを薦めてくれました。

これが、つまり邪花の温存療法でした。

K先生が病院を変わられてからは、何年も他の先生では判断がつかない状態でのリハビリ。

結果が、邪花の今のあんよです。

でも、邪花には奇跡が起きました♪

童話のように夢のような話。

新しくこられたO先生から、突然夢のような発言。

『Yリハビリテーション病院の I 先生は恩師なんだけど、股関節でテレビとかにも出られる有名な先生だから紹介状書くから行ってみない?』

超!ありがたい。

しかし診察で、 I 先生はアッサリと一言。

『手術するのと今の痛みとどっちが痛い?』

『???』

『チョット遠いけど、W病院のU先生の所に行きなさい。この近辺では手術できるとこがないんよね。もちろん、ここでもできないから。U先生なら間違いないから。』

つまり、I 先生の所では人工関節手術をされてたんですよね。

何の知識もなく何もわからないままW病院へ行った邪花。

受けたのは人工関節手術じゃなく『自骨手術。』

左のあんよも手術宣告受けて、心配もたくさん増えたけど、自骨手術だからこそまだ人工関節という道が残ってるんですよね。

痛い…痛い…ばかり言っててもダメですよね。

自骨手術を受けれたことは、ありがたいことなんだと…。

リハビリのYらっちに『体育座りができるようにして?』って言った時、Yらっちが『人工関節なら体育座りはできないですからね!』と。

自骨だからできることってたくさんあるんですよね。

感謝しなきゃ…。

傷も大きくつけることなく、筋肉へのダメージも最小でいい鏡視下手術。

しかも、自分の身体を異物を使うことなく自分の身体で修復する。

早く、この手術をできる先生が全国に増えてほしい。

きっと、みなさんの中にもホントは自骨手術できたはずなのに、邪花みたいに巡り会えなくて人工股関節にされた方もたくさんいらっしゃると思います。

日常生活に制限されることも多いでしょう。

けれど、同じ股関節患者同士、邪花と一緒に頑張っていきましょう♪




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_27



最近の話。

暑いと思いますか?それとも寒い?

つっーかぁ~間違いなく昼間はまだまだ暑いですよね?

夜間は寒いけど、この気温差が体調をくずすもとですよね♪

邪花はまだまだ元気??

あ~… あんよは悪いけど!

んーー… 甲状腺も悪いけど!

まだまだ昼間はTシャツとハーフパンツでOK!

ウソです。

単純にあんよの治療のためにハーフパンツしかはけないだけですけどね♪

でも上は、まだまだTシャツで大丈夫です。

邪花のお家は古いんですが、邪花のマイルームの室温は昼は27°くらい。それが夜になると20°くらいになります。

ちなみに、邪花のマイルームにはすでにコタツがセットされてます♪

と言うのはまたまたウソ!

右足を手術して入院が長くなたので、出しっぱなしだっただけ。

そんなコタツもすでにチョッピリ活躍する日もあります。

この気温差ってなんでしょうね~。

ちなみに、何が言いたいのかって言えば、衣替えしても夏のTシャツやハーフパンツをなおせないってこと。

そんなことをぼやいていたら、邪花ママが一言。

『Tシャツとハーフパンツは今年の邪花の制服でしょ♪』だって。

通販のカタログ見て『かわいぃよね~♪買おうかなぁ~♪』って言えば…

『どーせ、制服しか着れないんだから着れるようになって買いなさい♪』だって。

確かに。

あんよのおかげで、去年の暮れに買ったばかりのロングブーツも今年はお預け。

だけど、ちょっとはオシャレしたいよね♪

『だって。女の子だもん♪』




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_27



リハビリしている人って、どれくらいいらっしゃるんでしょうかねぇ。

ちなみに、邪花も右足の手術前と今現在とリハビリしてます。

そんなリハビリに期限があるのを皆さんご存じですか?

疾患によってリハビリできる日数が決まってるんですよ。

ちなみに、邪花のような股関節の場合は150日。脳疾患とか180日などと決まっています。

邪花も早いもので、右足を手術して5ヶ月。

そうです、150日を迎え『リハビリ算定期限』が切れてしまいました。

これまでは『医療保険』での治療とリハビリ。

こうして、打ちきりにあいリハビリ難民となった人達に、国はいわゆる『介護保険』と呼ばれるもので補うように言っています。それがデイサービスや通所リハビリというものです。

でも、医療保険と介護保険を併用することはもちろん、1度介護保険を利用してしまうと同じ疾患で医療保険をりようすることはできません。

リハビリと言っても医療と介護。

もちろん違いはあります。

だから、どうしても医療保険でのリハビリを継続する必要がある場合に、よく医師が行うのは別の診断名を新たにつけてリハビリを継続させます。

まぁ、場合によっては時間数も減ります。

表現としては『単位』と呼ばれ1単位=20分で計算されます。

なので、大抵の方は40分か1時間してると言う方が多いのではないでしょうか。

邪花は先日、左足の手術宣告を受け、迷っていました。

できるものなら、もう…したくないと。

トンボは2匹で十分だし。
(傷の形がトンボに似てるので、仲間内では傷のことをトンボと呼んでます)

しかし、すでに手術をすませた右足の治りも悪く、正直、歩けないし座れないし立っていられない現状。

周囲の人(医師 看護師 理学療法士 股関節仲間 事務 上司 親友 両親 他)たくさんの人に相談しました。

みんな右足が治りが悪いことや休みが長期化することでの仕事や生活のリスクのことを心配してスッキリとした賛成意見をもらえませんでした。

しかし、邪花は手術を受けてみようと思います。

その理由は左足を手術して上手く使えて右足の負担が減れば右足も治るんじゃないかと。

単純…。

無理して、せっかく手術した右足を再手術と言われる方がもっとイヤ。

決断させるまでには、たくさんの葛藤もあり、決め手の1つが『リハビリ算定期限切れ』

リハビリ減るんだったら、左足を手術することでリセットして、もう一度リハビリ時間を増やしちゃえ!と。

単純…。

両足やってもらおうと甘い考え。

まぁ、それだけではないんですけどね。

ちゃんと両親と話し合って決めた結果です。

ようするに『渡る世間は鬼ばかり』です。

世の中いつまでも仕事休んではいられないということです。

長期に休職することで解雇されたり、収入源がなかったりリスクが大きすぎて
決断に迷うだけ。

お金と時間さえあれば、何悩むことなく2つ返事で手術を御願いしたと思います。

詳しく書けないこともありますが、今回は選択の余地無しのようで決断した次第です。

今からツライけど、頑張りたいと思います。

ちなみに、Yリハビリ病院の理学療法士のYらっちに手術を受けることを報告に行きました。

淋しくて心細いので『リハビリの研修においでよ!』と言ったら『行きません! でも、お見舞いには行くかな。』と言って、帰ってきたらまたリハビリしてくれることも約束してくれました。

こんな時って見に染みてうれしい言葉ですね!




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

 2014_10_25



右股関節唇損傷術後 初!

臨時検診のため北九州へ行ってまいりました。

2週間前の定期検診の時も書きましたが、北九州に行くまでの移動時間も着々と長くなっていて、本日はなんと2時間半!

初診から比べると1時間違います。

理由は長く座れない…。

ソケイ部の奥の方がジンワリしみるように疼くと言うか痛いんです。

そんなこんなでついたW病院。

MRIの検査と診察の予定。

受付の後、以前初診で書いた『現在の足の状態についてのアンケート』を2枚渡され久しぶりにチェック。

つけながら『つくづく不自由だなぁ~』と…。

そしてMRIへ。

そして何とも不思議な会話。

『今日はどっちを撮るって言われました?』

『エッ?…』

『手術したのは右ですよね?じゃあ右撮りましょうか?』

『手術したのは右で前々回は右を予定されてましたけど、前回左が曲がらないって話たら"撮った方がいい"とは言われましたけど…できれば両方見たいんじゃないんですか?』

『片方しか撮れないんですよね。両方とれないこともないけど、1時間かかりますよ?』

『私は構いませんけど、先生の指示があるんじゃないんですか?』

『先生がどっちともつかない指示をだしてるんですよ。先生もまだ見えてなくて看護師さんとも"右でいいんじゃない"って話たんですけど。』

…。』

『じゃ、できる範囲で両方撮りましょうね。』

『 ??? …。』

そんなこんなで、結局狭いドームの中に1時間眠ってました。

そして、ドキドキものの診察。

待ってる間、立ったり座ったり。

けして、緊張ではなく座ってられないだけ。

名前を呼ばれ診察室に入ると、いつもの先生の顔。

『調子はどうですか?』の問いかけに、やはりこのセリフ…。

『やっぱり、痛いんですよね…。』

そしてMRIの画像を見て
『 ん … コレ右ね…部分的にしか修復できてないね…チョット先に診察しようか。』といきなり悲しいお知らせ。

ベッドに横になり、うつ伏せや仰向けになり足をクイクイ曲げて角度を見ていく先生。

診察が終わり、椅子に座ると
『ん…やっぱり、右は部分的にしか癒合できてないから痛いんだと思う…。こっちが左。右と同じ状態になってきてるよね…。どうする?』

『先生…手術…ですか?…。』

『うん。チョット考えてきて。』

『… 。

次の診察日を決めるのも忘れる程に沈没。

そんな不安な気持ちを胸一杯に抱て帰宅の途へ。

そして、さっそく皆から心配の声とアドバイス…。

一番多かったのは身体はもちろんだけど、今後の生活のことや仕事なんかの切実な現実。

痛む両足をかかえながら、邪花は今この時も頭をかかえて悩んでます。

よーく分かるんです。

先生が言ってることも皆の心配も。

一長一短と言うか…。

いろんな面での先々への不安…。

検査の結果、痛みだけで問題なければ、すぐにでも仕事に復帰したいと願っただけに分かり過ぎでショックも不安も大きく…。

変わらないのは、両足ともがイマイチ良くないと言う現実。

邪花の術後初!の臨時検診は悲しく辛い結果とあいなりました。




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村



 2014_10_22



5年前の12月にカンボジアへ旅友Sと旅にでました♪

仕事のストレスから逃げるように…。

この季節、カンボジアは乾季で1年の中で一番過ごしやすい時期だと言われています。

けれど、日本は冬 カンボジアは真夏 といったところでしょうか。

日本に帰国した時は、Tシャツ1枚で冬の福岡空港に降りたのを覚えています。

カンボジアは日本からベトナムを経由して入国します。

ベトナムのホーチミン➡カンボジアのシェムリアップへ約45分。

入国するには『ビザ』が必要です。

通貨は便利なことに『USドル』がそのまま使えるので、現地通貨の『リエル』に両替する必要はありません。

1リエル≠0.03円 位でしょうか。

言葉はクメール語ですが英語で十分OK!

観光化されていて、カンボジアのツアコンは多国籍語が話せます。

日本との時差は2時間ですので、時差ぼけ的なこともありません。

カンボジアで気になるのは『地雷』ですよね。

余程の田舎に行かない限り、中心部では地雷は完全に撤去されていて心配はいりません。

ただ、交通ルールというものが今1つで原付に3人乗りとかは当たり前。常にクラクションが鳴ってます。

ちなみに、移動手段で有名なのは『トゥクトゥク』です。

たいてい、1$~5$もあれば何でも買えます。

トゥクトゥクはホテルとシルクの店を往復で3$位で乗ったと思います。

観光ではもちろん『アンコール遺跡』

アンコール遺跡を観光するには、顔写真入りのパスが入ります。

それがないと、観光することはできません。

『アンコールトム』に『アンコールワット』『バイヨン』…

これは、アンコールワットの朝♪



上は水面にもアンコールワットが映っています。

この水面に映る影も世界遺産なんです。

下はアンコールワットの朝日♪

すばらしいでしょ?


観光はとにかく、半日区切りで1時間程の休憩をしないと、余りの暑さにダウンしかねません。

干からびていくのがじんわりわかる暑さ。

水のありがたさがスゴくわかります。

邪花は持参してた『アイスノンスプレー』を丸々1本使っちゃいました♪

そして、これはバイヨン!




細書きのサインペン1本で書き上げているんですよ!

ちなみに、この絵は邪花が18$でお買い上げ。

そして、カンボジアでは料理は美味しかったなぁ♪

教育では、当時カンボジアはまだ義務教育化されてなくて、品物を売ってても安くするどころか高くしてみたり、しっちゃかめっちゃか。

ただ小学校はあります。

子供達も不揃いではありますが、白のブラウスと青いスカートとズボンで統一されていて制服もどき。

内戦があっていた頃、頭のいい人達は何を企てるかわからないとして処刑されていたそうです。

ただ、カンボジアの人はみんな純粋で今からは中国に代わる発展途上国だと思います。

医療は無料診療の病院があって、朝早くから子供を抱いたお母さん達がたくさん並んでいました。

病院というものがなく、みんな遠くから1日かけて診療に訪れるそうです。

多分、都市部と田舎の貧困差はあるのでしょうが、不潔感などはほとんど感じませんでした。

機会があれば、ぜひまた訪れたい国ですね。




人気ブログランキング 股関節症・股関節脱臼へ

人気ブログランキング 骨・関節・筋肉の病気へ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村



 2014_10_20




09  « 2014_10 »  11

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

邪花

Author:邪花
リッチに生きるのが好きな貧乏娘です。
一度の人生、ついつい若いふりして生きてます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

リンク




.